三菱電機 太陽光発電システム メリット デメリット

三菱電機の太陽光発電システム

三菱電機の太陽光発電システム

三菱電機はモジュールのパネル1枚の発電量だけでなく、モジュールの耐久性や品質へのこだわりを重視した「生涯発電力」に視点をおいています。

 

太陽電気モジュールやパワーコンディショナーなどの周辺機器はすべて自社で開発していて、家庭用のパワーコンディショナーにおいては、業界最高の電力変換効率も誇っています。

 

そして三菱電機が、他のメーカーと違うところは、「スマート電化」を提案しているところです。

 

スマート電化とは、「家電製品」と「太陽光発電システム」を組み合わせ、省エネや新しい暮らし方を提案していることです。
家電メーカーの強みを生かし、エコキュートやオール電化、IHクッキングなどさまざまな機器と組み合わせた提案は大きなメリットといえるでしょう。

 

例えば、家庭のTVが発電モニターになる「エコガイドTV」などは、やはり家電メーカーらしい三菱電気ならではのサービスです。

 

三菱電機のモジュールは今までの「多結晶モジュール」に加えて「単結晶モジュール」の取り扱いを行っています。

 

そして、日本の様々な屋根の形に対応すべく台形やスリムハーフモジュールなど小さいモジュールもある「マルチリーフ」シリーズを採用しています。そのため、効率よく発電できるようになっています。

 

そしてなんといっても三菱電機のメリットは、出力保証が20年無料なところです。

 

現在、ほとんどのメーカーが、出力保証10年に対して、三菱電気は20年無料保証をしています。
太陽システムは10年20年と長く使うものです。そのため出力保証が長いメーカーを選ぶのも大きなポイントになります。

 

パワーコンディショナーなど周辺機器も10年無料保証を行っています。ただし、災害保証や工事保証は今のところ行っていません。災害保証を必要とする地域の人達は、それらもよく考慮しましょう。

 

三菱電機のモジュール

PV-MA2200K(単結晶モジュール )
モジュール変換効率・・・18.4%
公称最大出力・・・220w
希望小売価格・・152,460円

 

三菱電機の保証制度

三菱電機の保証制度製品機器は10年間無料で保証。パワーコンディショナー、接続箱など。
出力保証は20年無料でモジュール公称最大出力の80%を下回った時。

※2013年現在情報

 


 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ

三菱電機の太陽光発電システム〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説〜関連ページ

シャープの太陽光発電システム
シャープの太陽光発電システムの解説。シャープの太陽光発電のメリットやデメリット、特徴を紹介。
京セラの太陽光発電システム
京セラ(kyocera)の太陽光発電システムの解説。京セラの太陽光発電のメリットやデメリット、特徴を紹介。
パナソニックの太陽光発電システム
パナソニック(Panasonic)の太陽光発電システムの解説。パナソニックの太陽光発電のメリットやデメリット、特徴を紹介。
長州産業の太陽光発電システム
長州産業の太陽光発電システムの解説。長州産業の太陽光発電のメリットやデメリット、特徴を紹介。
東芝の太陽光発電システム
東芝の太陽光発電システムの解説。東芝の太陽光発電のメリットやデメリット、特徴を紹介。
ソーラーフロンティアの太陽光発電システム
ソーラーフロンティアの太陽光発電システムの解説。東ソーラーフロンティアの太陽光発電のメリットやデメリット、特徴を紹介。
ダイキンの太陽光発電システム
ダイキンの太陽光発電システムの解説。ダイキンの太陽光発電のメリットやデメリット、特徴を紹介。
海外メーカーのメリット・デメリット
海外メーカー太陽光発電のメリット・デメリット

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電