マンション 太陽光発電 メリット デメリット

マンションに太陽光発電を設置するメリット・デメリット

マンションに太陽光発電を設置するメリット・デメリット

最近では、マンションやアパートの屋上にもソーラーパネルを見かけるようになりました。

 

実際にマンションなどの集合住宅へ太陽光発電を設置する件数は近年増えてきています。

 

 

ですが、マンションに太陽光発電を設置する場合、メリット・デメリットもあります。

 

まず、メリットとして新築のマンションへ太陽光発電を設置した場合、それをアピールポイントとして集客できるメリットがあります。

 

近年、環境に配慮したマンションが注目されている中、太陽光発電を設置してあるマンションというだけでとてもイメージは良くなります。

 

そして、光熱費の節約もアピールできるので、集客にも役立ち、住む側にとってもメリットがあります。

 

また、太陽光発電を設置していると停電時でも電気が使えるので、災害に強いマンションとしてもアピールできます。(※昼間のみ、夜間使用する場合は蓄電池が必要。)

 

ただし、屋上に設置できる太陽光パネルは限られています。そのため、大型マンションではすべての世帯数に電気を供給するのは難しいというデメリットもあります。

 

アパートや、少人数のマンション、共有スペースのみの電気共有など、限られた範囲になる可能性もあります。

 

また、マンションなどで各世帯数へ太陽光の電気を配分する場合、各世帯数分のパワーコンディショナーも必要になったり、配線もしないといけません。

 

そのため、その分費用も増えます。

 

そして、もうすでに住人が住んでいるマンションへ太陽光を設置する場合は、住民の同意を得ないといけないので難しい問題となります。

 

そのため、既存マンションやアパートへ導入する場合は、各世帯へ電力を配分するのではなく、自宅用に電気を供給するか、売電目的として設置するほうがメリットがあるでしょう。

 

空いている屋根や屋上を有効利用できますし、税金対策、空室対策にもなります。

 

中小企業や個人事業主は節税対策になる。

 

 

全国対応!【産業用】太陽光発電(個人事業者・企業・法人向け)

(マンション・アパート・社屋・工場・遊休地など)

 

 

 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ

マンションに太陽光発電を設置するメリット・デメリット〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説〜関連ページ

産業用太陽光発電のメリット・デメリット
産業用(事業用)10kw以上の太陽光システムを導入した場合のメリット・デメリットを解説しています。マンションやアパート、個人事業主や法人・産業用に太陽光システムを考えている場合の長所と短所があります。
産業用太陽光発電と固定資産税
産業用(10kw以上)に事業者や中小企業が事業として太陽光発電を設置した場合、固定資産税がかかります。固定資産税の計算方法と優遇措置について解説。
中小企業向けの融資や補助金が受けられる場合がある
企業や事業者が産業用(10kw以上)太陽光発電を設置した場合、中小企業向けの補助金や融資をうけられる場合があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電