太陽光発電 デメリット 天候や環境によって影響される

太陽光発電のデメリットA【天候や環境によって影響される】 

デメリットA 天候や環境によって影響される

太陽光発電のデメリットとしてよく上げられるのが、天候や環境によって発電量に影響が出ることです。

 

当然のことながら、太陽光発電は日が当たれば発電量は多くなり、曇りや雨の日は発電量は少なくなります。

 

そのため安定した供給が難しいのが現状です。

 

ただし、曇りや雨の日でも日中であれば発電はします。

 

もちろん晴れの日に比べれば少なくなりますが、太陽光発電は夜間でない限り発電はしてくれます。

 

また、豪雪地帯や、火山灰の多い地域に住んでいる場合、太陽光パネルに積もった雪や火山灰を取り除かないと発電は難しくなります。

 

このように、太陽光発電は天候や環境よって発電量が大きく左右されることがあります。


太陽光発電は「日照時間」よりも「日射量」が大事

「自分の住んでいる地域は東北で日照時間が短いからあまり発電しないんじゃ・・・・・」と言う声をよく聞きます。

 

ですが、太陽光発電にとって大事なのは「日照時間」よりも、太陽から放射されるエネルギー量の「日射量」です。

 

例えば、全国でも日照時間が少ないと言われる秋田県と、日照時間が多いといわれる埼玉県の日射量を比べてみると

 

秋田県 日照時間・・・・1,431時間  日射量・・・3.50kwh/m2・日
埼玉県 日照時間・・・・2,114時間  日射量・・・3.97kwh/m2・日

 

(※NEDO 参考 上記は県庁所在地の日照時間です。)

 

「日照時間」の差に対して、「日射量」はそれほど大きな差はないことがわかります。

 

太陽光発電の設置を考えている場合は、まず「日照時間」ではなく、お住まいの地域の「日射量」を重点に考えたほうがいいでしょう。

 

以下のサイトから、自分の住んでいる地域の日射量を確認できます。 

 

NEDO 日射量データベースシステム

 

また、季節によっても「日射量」は変化します。

 

そして、発電量が最も多くなるのは5月です。

 

日差しの強い真夏の方が発電量が多くなるイメージがありますが、太陽光パネルは温度が高くなると発電量が少なくなってしまう特性を持っています。

 

そのため、温度もそれほど高くない5月の方が発電量は多くなるのです。


 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ

太陽光発電のデメリットA【天候や環境によって影響される】 〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解説〜関連ページ

デメリット@ 初期費用が高い
太陽光発電のデメリットとして初期費用が高いことが挙げられます。
デメリットB 定期点検が必要
太陽光発電システムは機械のため、もちろん壊れることもあります。そのため定期的なメンテナンスも必要になるのでデメリットともいえます。
デメリットC 屋根の景観を損う 
太陽光発電のデメリットとして、屋根にソーラーパネルを設置しないといけないので景観を損うことがあげらえれます。
デメリットD 補助金は早い者勝ち
太陽光発電のメリットとして挙げられるのが補助金制度ですが、条件や地域によって差が出てくるのでデメリットにもなる制度です。
デメリットE モジュールの変換効率が低い
太陽光発電のデメリットとして、太陽光パネル、いわゆるモジュールの変換効率が低いことがあげられます。
デメリットF 影の影響を受ける
太陽光発電のデメリットとして、影の影響によって発電量が落ちるリスクを伴います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電