太陽光発電 デメリット 初期費用が高い

太陽光発電のデメリット@【初期費用が高い】

太陽光発電のデメリット@初期費用が高い

一昔前まで、太陽光システムはとても高価なものでした。

 

現在でも、もちろん安いものではありませんが、以前に比べると価格はかなり安くなりました。

 

それでも、約4kwの太陽光システムを導入する場合、約150万円〜200万円の初期費用が必要となります。
約4kwの太陽光システムは、一般家庭が導入する事が多いシステム容量です。

 

安い買い物ではないので、確かにデメリットと言えますが、国や自治体から補助金が出たり、太陽光発電専用の「ソーラーローン」を利用すれば、低金利でローンも組めます。
(※国からの補助金は2013年度で終了)

 

補助金が受けられる
低金利でソーラーローンが組める

 

そして、太陽光発電を設置した場合、一般的に10年ぐらいで元がとれると言われているので、その後の発電は利益になります。

 

現在、200万円を銀行に預けて10年間定期にしても、利率はごく僅かです。

 

それならいっそ「将来のために200万円を太陽光発電に投資する。」

 

そう考えれば、初期費用のデメリットも大きく変わってくる事でしょう。

 

太陽光発電にかかる初期費用【2013年度版】

 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ

太陽光発電のデメリット@【初期費用が高い】 〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解説〜関連ページ

デメリットA 天候や環境によって影響される
太陽光発電のデメリットとして、雨や曇り・環境に左右されることが挙げられます。また太陽光発電にとって大事なのは日照時間ではなく日射量にも影響されます。
デメリットB 定期点検が必要
太陽光発電システムは機械のため、もちろん壊れることもあります。そのため定期的なメンテナンスも必要になるのでデメリットともいえます。
デメリットC 屋根の景観を損う 
太陽光発電のデメリットとして、屋根にソーラーパネルを設置しないといけないので景観を損うことがあげらえれます。
デメリットD 補助金は早い者勝ち
太陽光発電のメリットとして挙げられるのが補助金制度ですが、条件や地域によって差が出てくるのでデメリットにもなる制度です。
デメリットE モジュールの変換効率が低い
太陽光発電のデメリットとして、太陽光パネル、いわゆるモジュールの変換効率が低いことがあげられます。
デメリットF 影の影響を受ける
太陽光発電のデメリットとして、影の影響によって発電量が落ちるリスクを伴います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電