太陽光発電 デメリット 影の影響

太陽光発電のデメリットF【影の影響を受ける】

デメリットF 影の影響を受ける

太陽光発電のデメリットとして、影の影響によって発電量が落ちるリスクを伴います。

 

「電信柱」や「樹木」、「建物」、「アンテナ」、「屋根裏の出っ張り」などの影が発電量に影響を及ぼすこともあります。

 

この原因は、1枚のモジュールに影がかかって発電量が低下すると、直列系統すべての発電量が低下してしまうために発電ロスが起こるのです。

 

特に樹木などは注意が必要です。

 

冬の間は枯れ木で気にならなかったものが、夏になると葉が生い茂り、大きな影を作ることもあるので、それらも考慮しておく必要があります。

 

ただし、影は移動するものです。多少の影であったり、一時的なものであればそれほど気にすることはないでしょう。

 

そのため、1日のうちにどれくらい影が落ちるかを把握しておき、見積もりの時など業者へ相談してみましょう。

 

 

また、一番問題なのは今まで何もなかったのに、影のある建物や障害物ができる事、です。

 

都会などは特にその傾向が強いですが、家の目の前にいきなり大きなマンションやビルが建ってしまうことはよくあることです。

 

1日中太陽光パネルに日が当たらなくなってしまったら、発電量には大きく差が出ます。

 

産業用太陽光発電は、周りがビルやマンションなど、建造物の移り変わりが激しい土地に設置することが多いので、特にこのリスクを伴います。

 

家庭用太陽光発電の場合は、住宅街に設置する場合が多いので、問題ないと思われがちですが、隣の家が急に2世帯住宅に立て直したため、日陰になってしまった、ということもありえます。

 

太陽光発電は10年、20年と長く使うものです。

 

ですが、将来的に日陰になる建物や障害物が建つ事を予測するのは非常に難しいのが現状です。


 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ

太陽光発電のデメリットF【影の影響を受ける】 〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解説〜関連ページ

デメリット@ 初期費用が高い
太陽光発電のデメリットとして初期費用が高いことが挙げられます。
デメリットA 天候や環境によって影響される
太陽光発電のデメリットとして、雨や曇り・環境に左右されることが挙げられます。また太陽光発電にとって大事なのは日照時間ではなく日射量にも影響されます。
デメリットB 定期点検が必要
太陽光発電システムは機械のため、もちろん壊れることもあります。そのため定期的なメンテナンスも必要になるのでデメリットともいえます。
デメリットC 屋根の景観を損う 
太陽光発電のデメリットとして、屋根にソーラーパネルを設置しないといけないので景観を損うことがあげらえれます。
デメリットD 補助金は早い者勝ち
太陽光発電のメリットとして挙げられるのが補助金制度ですが、条件や地域によって差が出てくるのでデメリットにもなる制度です。
デメリットE モジュールの変換効率が低い
太陽光発電のデメリットとして、太陽光パネル、いわゆるモジュールの変換効率が低いことがあげられます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電