太陽光発電 デメリット モジュール 変換効率

太陽光発電のデメリットE【モジュールの変換効率が低い】

デメリットE モジュールの変換効率が低い

太陽光発電のデメリットとして、太陽光パネル、いわゆるモジュールの変換効率の低さがあげられます。

 

変換効率とは、「太陽光エネルギーを何%電気に変換できるか」を数字で表したものです。

 

つまり、この変換効率が高ければ高いほど、電気をたくさん作ってくれるのでお得、ということになります。

 

そして、この変換効率はモジュールの種類や構造によって変わってきますが、現在発売されているもので10〜18%が平均となっています。

 

高いものでも20%なので、決して効率よく太陽光エネルギーが変換されているとは言えません。

 

この原因としてあげられるのが反射です。モジュールの表面は鏡のようになっているため、光を反射してしまい吸収を妨げる要因となってしまうのです。

 

また、半導体内部・電極部の電気抵抗や、太陽光線のすべての波長(赤外線・可視光線など)を吸収できないことも変換効率の低い要因となっています。

 

ただし、変換効率の良いモジュールを開発するための研究は日夜行われています。

 

その中でも次世代モジュールとして注目されている「量子ドット太陽電池」は、理論上の変換効率が75%可能といわれています。

 

まだ研究段階のため、私たちがこの「量子ドット太陽電池」のモジュールを目にするのは10年も20年も先の話になりますが・・・

 

将来的には、このように変換効率の高いモジュールが開発される事も期待できます。


 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ

太陽光発電のデメリットE【モジュールの変換効率が低い】 〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解説〜関連ページ

デメリット@ 初期費用が高い
太陽光発電のデメリットとして初期費用が高いことが挙げられます。
デメリットA 天候や環境によって影響される
太陽光発電のデメリットとして、雨や曇り・環境に左右されることが挙げられます。また太陽光発電にとって大事なのは日照時間ではなく日射量にも影響されます。
デメリットB 定期点検が必要
太陽光発電システムは機械のため、もちろん壊れることもあります。そのため定期的なメンテナンスも必要になるのでデメリットともいえます。
デメリットC 屋根の景観を損う 
太陽光発電のデメリットとして、屋根にソーラーパネルを設置しないといけないので景観を損うことがあげらえれます。
デメリットD 補助金は早い者勝ち
太陽光発電のメリットとして挙げられるのが補助金制度ですが、条件や地域によって差が出てくるのでデメリットにもなる制度です。
デメリットF 影の影響を受ける
太陽光発電のデメリットとして、影の影響によって発電量が落ちるリスクを伴います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電