太陽光発電 デメリット

太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリット記事一覧

太陽光発電のデメリット@【初期費用が高い】 〜太陽光発電のメリット・デメリット徹...

一昔前まで、太陽光システムはとても高価なものでした。現在でも、もちろん安いものではありませんが、以前に比べると価格はかなり安くなりました。それでも、約4kwの太陽光システムを導入する場合、約150万円〜200万円の初期費用が必要となります。約4kwの太陽光システムは、一般家庭が導入する事が多いシステ...

≫続きを読む

 

太陽光発電のデメリットA【天候や環境によって影響される】 〜太陽光発電のメリット...

太陽光発電のデメリットとしてよく上げられるのが、天候や環境によって発電量に影響が出ることです。当然のことながら、太陽光発電は日が当たれば発電量は多くなり、曇りや雨の日は発電量は少なくなります。そのため安定した供給が難しいのが現状です。ただし、曇りや雨の日でも日中であれば発電はします。もちろん晴れの日...

≫続きを読む

 

太陽光発電のデメリットB【壊れることもあるので定期点検が必要】 〜太陽光発電のメ...

太陽光システムは機械のため、もちろん壊れることもあります。太陽光発電を設置する場合、必要な機器は主に太陽光パネル(ソーラーパネル)とその周辺機器(パワーコンデショナー・分電盤・モニターなど)です。屋外に設置する太陽光パネルの劣化や故障などを心配しがちですが、意外にも太陽光パネルの強度はとても強く、壊...

≫続きを読む

 

太陽光発電のデメリットC【屋根の景観を損う】 〜太陽光発電のメリット・デメリット...

太陽光発電は、屋根にソーラーパネルを設置して、太陽の光で発電します。そのため、屋根にソーラーパネルを設置しないといけないので(※屋上や平地に設置する場合は除く)景観を損う場合もあります。ただし、最近のソーラーパネルは「屋根材一体型」も多くなってきています。「屋根材一体型」とは、屋根材に太陽光電池を組...

≫続きを読む

 

太陽光発電のデメリットD【補助金は早い者勝ち】〜太陽光発電のメリット・デメリット...

太陽光発電を設置すると、「国」・「都道府県」・「市区町村」、最大3か所から補助金が受けられます。ただし、これらの補助金は地域によって実施していない場合や、早いもの勝ちなので上限に達したら締め切られてしまいます。そのため、この補助金制度は地域や申し込み順によって大きく左右されてしまうのが現状です。補助...

≫続きを読む

 

太陽光発電のデメリットE【モジュールの変換効率が低い】 〜太陽光発電のメリット・...

太陽光発電のデメリットとして、太陽光パネル、いわゆるモジュールの変換効率の低さがあげられます。変換効率とは、「太陽光エネルギーを何%電気に変換できるか」を数字で表したものです。つまり、この変換効率が高ければ高いほど、電気をたくさん作ってくれるのでお得、ということになります。そして、この変換効率はモジ...

≫続きを読む

 

太陽光発電のデメリットF【影の影響を受ける】 〜太陽光発電のメリット・デメリット...

太陽光発電のデメリットとして、影の影響によって発電量が落ちるリスクを伴います。「電信柱」や「樹木」、「建物」、「アンテナ」、「屋根裏の出っ張り」などの影が発電量に影響を及ぼすこともあります。この原因は、1枚のモジュールに影がかかって発電量が低下すると、直列系統すべての発電量が低下してしまうために発電...

≫続きを読む

 

 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電