太陽光発電 メリット 節税対策

太陽光発電のメリットD中小企業や個人事業主は節税対策になる。

メリットD 中小企業や個人事業主は節税対策になる

青色申告をしている中小企業や個人事業者に限りますが、太陽光発電で節税できるというメリットがあります。

 

これは「グリーン投資減税」といい、10kw以上の太陽光発電の設備を導入した場合、以下のいずれか1つを選んで節税できる制度です。

 

  1. 普通償却に加えて取得価額の30%相当額の特別償却
  2. 即時償却(100%償却、全額償却)
  3. 中小企業者等に限り、取得価額の7%相当額の税額控除

 

そのため、売り上げが大きかった年に太陽光発電を設置して、100%償却して経費にすれば節税対策にもつながります。

 

この制度の期限は平成28年3月31日まで適用されるので、もし太陽光発電の設置を迷っている場合は、税理士などに相談して節税対策にも役立てましょう。
(即時償却の場合は平成27年3月31日までの適用です。)

 

 

【経済エネルギー庁】

グリーン投資減税について 

 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ

太陽光発電のメリットD【中小企業や個人事業主は節税対策になる。】〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解説!〜関連ページ

メリット@ 電気が売れる
太陽光発電のメリットは電気が売れることです。電気が売れる「売電制度」や「売電価格」について解説しています。売電価格の推移や213年〜2014年の売電価格も追加。
メリットA 電気代を節約できる
太陽光発電はメリットは、電気代が節約できることです。電気が自給自足できるので光熱費の節約になり、ソーラーパネルの断熱効果で結果として電気代の節約につながります。
メリットB 補助金が受けられる
太陽光発電のメリットとして挙げられるのが補助金制度です。条件さえ満たしていれば3つ補助金が受けられるのでとてもお得でメリットのある制度です。
メリットC 低金利でソーラーローンが組める。
太陽光発電のメリットとして、低金利でソーラーローンが組めることがあげらえます。銀行や信販会社などの金融機関・地方自治体・住宅金融公庫・メーカー独自のローンなど、金利や様々な面で優遇されます。
メリットE 環境に良い
二酸化炭素を排出せず、環境に良い太陽光発電などの自然エネルギーは私たちに大きなメリットをもたらしてくれます。温暖化現象による影響も解説しています。
メリットF 非常時の備えになる
太陽光発電は停電した時の非常用電源になってくれるので、非常時の備えとして大きなメリットになります。非常用電源への「自立運転」切り替え方法も解説しています。
メリットG 楽しみながら節電できる。
太陽光発電はモニターで発電量をチェックできるので家族で楽しみながら節電できます。
メリットH メンテナンスが簡単
太陽光パネルは、大雑把に言ってしまえば太陽の光を集めて送るための装置です。 そのため、機械的な駆動部分がないため、故障が少なくメンテナンスも楽だというメリットがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電