太陽光発電 メリット 電気代 光熱費 節約 断熱効果

太陽光発電のメリットA【電気代を節約できる】

メリットA 電気代を節約して電気の自給自足ができる!

太陽光発電のメリットは、なんといっても自宅で使う電気を作れることです。

 

そのため、電気の自給自足が可能になり、光熱費の削減につながります。

 

もちろん、太陽光発電は天気によって発電量が左右されたり、夜間は発電しないのですべての電気を賄うことはできませんが、(※蓄電池を設置すれば夜間も使えます。)一般的には5割〜7割以上の電力は自給自足できるといわれています。

 

家庭によっては9割以上、太陽光発電で電力を賄っている家もあるそうです。

 

また、ガスもオール電化にしてすべてを太陽光発電で賄ったり、電気代の安い夜に家事をして、電気代の高い昼間は太陽光を利用する。など、様々な工夫を凝らして電気代を節約している家庭もあります。

 

そして、将来的に電気自動車が主流になってきた時、自宅の太陽光発電で電力を賄えばガソリン代もいらなくなる・・・そんな未来も待っているかもしれません。

 

また、電気代の節約だけでなく、自宅で使いきれず余った電力を電力会社へ売ることもできます。

 

電気が売れる売電制度とは

 

もちろん初期費用のことを考えると一概には言えませんが、一般的には10年で元がとれるといわれています。

そのため、その後の電力は家庭で作れる上に、余った電力は売れて利益になります。


つまり、将来的には畑で野菜を作って自給自足できるのと同じように、電気の自給自足も可能になるのです。

 


断熱効果も期待できる

屋根に太陽光パネルを設置すると断熱効果も期待できます。

 

実際に太陽光パネルを設置した場合、真夏の室内温度が10度以上も下がるケースが報告されています。

 

これは、太陽光パネルが断熱材の役割を果たすため、室温の温度を快適に保ってくれるのです。

 

そのため、夏場は涼しく、冬は暖かい快適な空間を提供してくれます。

 

この断熱効果は建物全体に影響するので、その結果、電気代の節約にもつながります。


 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ

太陽光発電のメリットA【電気代を節約できる】〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説!〜関連ページ

メリット@ 電気が売れる
太陽光発電のメリットは電気が売れることです。電気が売れる「売電制度」や「売電価格」について解説しています。売電価格の推移や213年〜2014年の売電価格も追加。
メリットB 補助金が受けられる
太陽光発電のメリットとして挙げられるのが補助金制度です。条件さえ満たしていれば3つ補助金が受けられるのでとてもお得でメリットのある制度です。
メリットC 低金利でソーラーローンが組める。
太陽光発電のメリットとして、低金利でソーラーローンが組めることがあげらえます。銀行や信販会社などの金融機関・地方自治体・住宅金融公庫・メーカー独自のローンなど、金利や様々な面で優遇されます。
メリットD 中小企業や個人事業主は節税対策になる。
青色申告をしている中小企業や個人事業者に限りますが、太陽光発電で節税できるというメリットがあります。
メリットE 環境に良い
二酸化炭素を排出せず、環境に良い太陽光発電などの自然エネルギーは私たちに大きなメリットをもたらしてくれます。温暖化現象による影響も解説しています。
メリットF 非常時の備えになる
太陽光発電は停電した時の非常用電源になってくれるので、非常時の備えとして大きなメリットになります。非常用電源への「自立運転」切り替え方法も解説しています。
メリットG 楽しみながら節電できる。
太陽光発電はモニターで発電量をチェックできるので家族で楽しみながら節電できます。
メリットH メンテナンスが簡単
太陽光パネルは、大雑把に言ってしまえば太陽の光を集めて送るための装置です。 そのため、機械的な駆動部分がないため、故障が少なくメンテナンスも楽だというメリットがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電