太陽光発電 メリット 補助金

太陽光発電のメリットB【補助金が受けられる】

メリットB 最大3つから補助金を受けられる

太陽光発電を設置すると、「国」・「都道府県」・「市区町村」から補助金が受けられます。

 

「国からの補助金」「都道府県から補助金」「市区町村からの補助金」は別の補助金のため条件さえ満たしていれば、最大3か所から補助金が受けられるのでとてもお得でメリットのある制度です。

 

 

「国からの補助金」は、太陽光発電の公称最大出力の合計値が10kw未満で1kwのシステム価格が50万円以下が条件です。

国からの補助金

  • 1kwあたりのシステム価格が2万〜41万円以下の場合補助金は、20,000円
  • 1kwあたりのシステム価格が41万円〜50万円以下の場合、15,000円

 

ただし、国からの補助金は2013年度で終了してしまいます。(2014年3月末申請分まで)

 

 

「都道府県・市区町村からの補助金」は地域によって、金額も条件も様々です。

 

「東京都品川区」補助金の一例。

  • 「東京都」からの補助金は終了。0円(ただし蓄電池設置など、ある一定の条件を満たした場合は補助金もあり。)
  • 「品川区」から受けられる補助金は1kW当たり30,000円で上限は90,000円。

(※2013年11月現在)

「埼玉県春日部市」補助金の一例

  • 「埼玉県」の補助金は、60,000円(※既存住宅に4kw以上設置が条件)
  • 「春日部市」から受けられる補助金は1kW当たり25,000円で上限は87,000円。

(※2013年11月現在)

 

お住まいの地域の補助金については、価格.comの補助金検索で詳しく調べられます。

 

ただし、これらの補助金は地域によって実施していない場合や、早いもの勝ちなので上限に達したら締め切られてしまいます。

 

補助金が多くもらえる人と、そうでない人に分かれるため不公平感がうまれ、人によっては、デメリットになることもあります。


 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ

太陽光発電のメリットB【補助金が受けられる】〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説!〜関連ページ

メリット@ 電気が売れる
太陽光発電のメリットは電気が売れることです。電気が売れる「売電制度」や「売電価格」について解説しています。売電価格の推移や213年〜2014年の売電価格も追加。
メリットA 電気代を節約できる
太陽光発電はメリットは、電気代が節約できることです。電気が自給自足できるので光熱費の節約になり、ソーラーパネルの断熱効果で結果として電気代の節約につながります。
メリットC 低金利でソーラーローンが組める。
太陽光発電のメリットとして、低金利でソーラーローンが組めることがあげらえます。銀行や信販会社などの金融機関・地方自治体・住宅金融公庫・メーカー独自のローンなど、金利や様々な面で優遇されます。
メリットD 中小企業や個人事業主は節税対策になる。
青色申告をしている中小企業や個人事業者に限りますが、太陽光発電で節税できるというメリットがあります。
メリットE 環境に良い
二酸化炭素を排出せず、環境に良い太陽光発電などの自然エネルギーは私たちに大きなメリットをもたらしてくれます。温暖化現象による影響も解説しています。
メリットF 非常時の備えになる
太陽光発電は停電した時の非常用電源になってくれるので、非常時の備えとして大きなメリットになります。非常用電源への「自立運転」切り替え方法も解説しています。
メリットG 楽しみながら節電できる。
太陽光発電はモニターで発電量をチェックできるので家族で楽しみながら節電できます。
メリットH メンテナンスが簡単
太陽光パネルは、大雑把に言ってしまえば太陽の光を集めて送るための装置です。 そのため、機械的な駆動部分がないため、故障が少なくメンテナンスも楽だというメリットがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電