太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電について

太陽光発電について記事一覧

何年くらいで元がとれる?〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説〜

太陽光発電を設置した場合、何年くらいで元がとれるか?正直、一番気になるところではないでしょうか。「4kw」の太陽光システムを設置した場合、一般的には約10年で元がとれるといわれています。「4kw」は一般家庭が最も導入することが多いシステム容量です。そして、「4kw」を設置する場合の初期費用は、約15...

≫続きを読む

 

太陽光発電設置にかかる費用【2013年度版】〜太陽光発電のメリット・デメリット徹...

一昔前まで、太陽光システムはとても高価なものでした。現在でも、もちろん安いものではありませんが、以前に比べると価格はだいぶ安くなりました。一般的な家庭が導入するのが多いのは、4kwの太陽光システムといわれています。そして、4kwの太陽光システムの初期費用は約150万〜200万円が必要と言われています...

≫続きを読む

 

「余剰買取」と「全量買取」の違い〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解説〜

家庭や企業が太陽光発電で作った電力を、電力会社が定額で買い取ってくれる制度が「売電制度」です。この買い取り制度には2種類あり、「余剰買取」と「全量買取」があります。太陽光発電のシステムが10kw未満の場合「余剰買取」、10kw以上〜50kw未満の場合「全量買取」です。「余剰買取」は、その名の通り余っ...

≫続きを読む

 

太陽光発電の設置は早い方がメリットがある?それともデメリットがある?〜太陽光発電...

太陽光発電の普及に伴い、太陽光のシステム価格は以前に比べると大分安くなりました。10年前の価格と比べると半額以上安くなっているメーカーもあります。そのため、もう少し待って設置したほうが安くなるしメリットがあるのでは?と思いがちですが・・・その分「補助金」や電気を売れる「売電価格」も下がってきます。補...

≫続きを読む

 

太陽光発電メーカーの選び方〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説〜

現在、太陽光発電を取り扱っているメーカーはたくさんあります。大手メーカーでは、東芝・シャープ・日立・パナソニック・京セラ・三菱電機。長州産業やソーラーフロンティアも有名です。各メーカーそれぞれの特徴があり、ソーラーパネル(モジュール)の性能・周辺機器の特徴・保証から金額まで多種多様に分かれているので...

≫続きを読む

 

太陽光発電の工事期間はどのくらい?〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解説〜

太陽光システムの設置工事には、主に足場の設置や太陽光パネルの設置、周辺機器の取り付け、電気配線などを行う工事があります。太陽光発電の設置は、まず業者が確認と事前準備を行います。この時、足場が必要な時は作業を行う場合もあります。太陽光発電 工事の流れ1、土台の架台の取り付け。2、ソーラーパネル(モジュ...

≫続きを読む

 

太陽光発電の効果的な設置方法〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説〜

太陽光発電が最も効果を発揮する設置方法は、南向きで角度30度が最適と言われています。太陽は東から昇り、西へ沈みますが、真上ではなく南に沿って移動します。そのため、南向きが一番光を受けることになり、発電効率があがります。南向きが最適ですが、真西や真東でも発電することはできます。ただし、北向きは発電効率...

≫続きを読む

 

太陽光発電設置前のチェックポイント!〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説...

太陽光発電の設置を考えている場合、初期費用や償却年数などに目が行きがちですが、それ以前に「自分の家は太陽光発電を設置するのに適しているどうか?」を、考える必要があります。どんなに太陽光発電を設置したくても、住宅や地域によっては適してない場合もあります。専門的なことは業者へ確認しないとわからない場合も...

≫続きを読む

 

見積書のチェックポイント!〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説〜

見積書が届いた場合、まず中身をよく確認しましょう。わからない用語や不明な点は必ず質問して納得のいくまで確認することが大事です。また、太陽光発電は高価な買い物なため、最低でも3社以上見積もりをとって比較してください。複数の見積もりを比較することで、現在の相場価格がわかってきます。そして、他の業者と比べ...

≫続きを読む

 

太陽光発電の保証はココをチェック!〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説〜

太陽光発電の保証期間や内容はメーカーによって様々です。ですが、太陽光パネル、いわゆるモジュールは国からの認定条件を受けるために10年間の出力保証が必要です。そのため、住宅用のモジュールは最低でも10年間の「出力保証」がついています。注意すべきは、パワーコンディショナーやモニターなどの周辺機器です。モ...

≫続きを読む

 

太陽光発電を契約する前に確認しておきたいチェックポイント!〜太陽光発電のメリット...

太陽光発電の売電価格は毎年下がってきているため、早めに設置したほうが確かにお得です。ですが、焦ってあまり検討せずに設置しても後悔するだけです。太陽光発電を契約する前に、必ずチェックしておきたいポイントがあります。以下の点をチェックして、納得いくまで検討して契約することをお勧めします。費用のチェック太...

≫続きを読む

 

太陽光発電+電気料金の節約テクニック!〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解...

東京電力の場合、深夜料金が割安になるプランがあります。太陽光発電を設置した場合、この「プラン」を利用すれば電気代をさらに節約できます。「おトクなナイト8」午後11時から翌朝の午前7時まで 8時間の料金が割安になるプラン。夜間料金は11.82円 昼間の料金は30.87円。「おトクなナイト10」午後10...

≫続きを読む

 

「屋根置き型」と「屋根材一体型」のメリット・デメリット〜太陽光発電のメリット・デ...

太陽光パネルを設置する方法は、大きく分けて2つあります。一般的に多いのが、屋根に架台を設置してその上に太陽光パネルを置く「屋根置き型」です。その名の通り、「太陽光パネルを屋根に置く方法」です。昔ながらの設置方法なので、一度や二度は見たことがあるかもしれません。「屋根置き型」はコストが安いというメリッ...

≫続きを読む

 

どんな家でも屋根にソーラーパネルは設置できるの? 〜太陽光発電のメリット・デメリ...

自分の家の屋根はソーラーパネルが設置できるか?気になるところだと思います。例えば、瓦屋根だったり特殊な形の屋根だったり、古い家だったり、家の構造は各家庭によって様々です。ですが、現在のソーラーパネルは各家庭の屋根に対応すべく様々な方法で設置が可能です。基本的には瓦屋根でも大丈夫です。和瓦屋根や平板瓦...

≫続きを読む

 

太陽光発電の仕組みと必要な機器〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解説〜

太陽光発電を自宅の屋根に設置すると、電気が使えます。でも、太陽の光で電気が点いたり、掃除機が使えたり・・・ちょっと不思議に思いませんか?ですが、太陽光発電の仕組みはとてもシンプルなものです。まず、太陽光発電に必要な機器は、以下になります。太陽光発電に必要な機器@太陽光パネル(モジュール)↓A接続箱↓...

≫続きを読む

 

太陽光発電の販売店は?〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解説〜

昔は太陽光システムの販売と言えば、公務店や訪問販売が主でしたが、最近では、家電量販店やホームセンターなどでも取り扱うようになりました。そして、最近ではネット販売も増えてきています。買い物帰りに相談できたり、パソコンで情報収集もできるので、以前よりも気軽になったと言えるでしょう。たくさんの販売形態がで...

≫続きを読む

 

太陽電池モジュールは寿命は?何年使える?〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解...

一般的に太陽電池モジュールは、とても丈夫で長持ちです。そのため、モジュールの寿命は約20年〜30年と言われています。太陽電池モジュールは駆動部分がないので、故障や不具合が少なくメンテナンスも容易です。そして、一般的には表面が強化ガラスで覆われているため、例え大粒のヒョウが降ったとしても大丈夫なように...

≫続きを読む

 

これだけは知っておきたい!太陽光発電用語〜太陽光発電のメリット・デメリット徹底解...

オール電化住宅にある生活家電のすべてを電力のみで賄う仕組みのこと。架台(かだい)太陽光パネル(モジュール)を載せる台や枠のこと。公称最大出力1枚のモジュールが発電できる最大出力のこと。カタログに記載されている「公称最大出力」はJISで定められいる。この数値が大きければ効率的に発電できるが、あくまで「...

≫続きを読む

 

太陽光発電の便利なリンク集〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説〜

経済産業省 資源エネルギー庁・・・電気料金や買取制度に関する情報があります。節電.go.jp・・政府の節電ポータルサイトです。各電力会社の現在の電力使用状況が確認できます。東芝 太陽光発電シュミレーション・・・東芝の太陽光シュミレーションです。家族構成・地域などを入力するだけで、毎月どのくらい光熱費...

≫続きを読む

 

太陽光発電無料見積もり一括サイト〜太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説〜

タイナビ複数見積もりを一括できるサイト。有名メーカーを無料で見積もりもできます。築年数や屋根の形状などを入力しなくてはいけないが、1分ぐらいで入力できるので手間もかからない。見積もりをした後は、メール等で見積もりが来るので、その中から気になった業者へ連絡するシステム。業界最大級で利用者数も多いので一...

≫続きを読む

 

 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電