太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説!

太陽光発電のメリット・デメリットを徹底解説!

太陽光発電画像

自然エネルギーへの注目が高まる中、太陽光発電を設置する家庭や企業が増えてきています。
環境に優しく、経済的にもお得な太陽光発電ですが、果たして本当にメリットだけなのでしょう?
このサイトは、太陽光発電のメリットデメリットについて徹底解説しています。


太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット【経済面】

 

メリット@ 電気が売れる

太陽光発電で作った電力を、売ることができます。

電気が売れる「売電制度」とは?
売電価格について

 

メリットA 電気代を節約できる

電気を自給自足できるので電気代が減り、太陽光パネルの断熱効果でさらに電気代を節約できます。

電気を自給自足して電気代の節約する。
太陽光パネルの断熱効果でさらに節約!

 

メリットB 補助金が受けられる

条件さえ満たせば「国」・「都道府県」・「市区町村」 最大3か所から補助金が受けられます。
※国からの補助金は2013年度で終了。(2014年3月末申請分まで)

最大3か所から補助金を受けられる。

 

メリットC 低金利でソーラーローンが組める

太陽光発電対象の優遇金利が受けられます。

低金利でソーラーローンが組める

 

メリットD 中小企業や個人事業主は節税対策になる

太陽光発電で節税対策

 

 

太陽光発電のメリット(その他)

 

メリットE 環境に良い

環境に良い自然エネルギー「太陽光発電」

 

メリットF 非常時の備えになる

太陽光発電を設置すると、停電時でも電気が使えます。

非常時の備えになる
「自立運転」切替方法

 

メリットG 楽しみながら節電できる

楽しみながら節電できる。

 

メリットH メンテナンスが簡単

メンテナンスが簡単

太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリット

 

デメリット@ 初期費用が高い

初期費用が高い

 

デメリットA 天候や環境によって発電量に影響が出る

天候や環境によって影響される
太陽光発電は日照時間より日射量が大事

 

デメリットB 壊れることもあるので定期点検が必要

壊れることもあるので定期点検が必要

 

デメリットC 屋根の景観を損う

屋根の景観を損う

 

デメリットD 補助金は早い者勝ち 地域によっては差が出る

補助金は早い者勝ち

 

デメリットE モジュールの変換効率が低い

モジュールの変換効率が低い

 

デメリットF 影の影響を受ける

影の影響を受ける

 

デメリットG 夜間は発電できない

太陽光発電は夜間は発電できません。そのため、今まで通り電力会社の電気を買うか蓄電池を用意する必要があります。

蓄電池のメリット・デメリット

 

 

 

 

CONTENTS

太陽光発電を始めるなら早い方がお得!

太陽光発電の「売電価格」は年々減少傾向にあります。
そのため、始めるなら早い方がお得です。

平成27年度(2015年4月〜2016年3月)


※出力制御対応機器設置義務なしと設置義務ありによって価格は異なります。

◆「余剰買取」価格【容量10kw未満】(主に家庭用)

「余剰買取」

ダブル発電・「余剰買取」

設置義務なし・・・33円 設置義務なし・・・27円
設置義務あり・・・35円 設置義務あり・・・29円

 

◆「全量買取」価格【容量10kw以上】(主に業務用)

平成27年4月1日〜6月30日

平成27年7月1日〜

29円+税 27円+税
「余剰買取」と「全量買取」の違い

 

太陽光発電の「失敗しない選び方」最低でも3社以上見積りをとって比較すること!
複数の見積りを比較することで、メーカーの特徴や実績、そして相場価格がわかってきます。
無料で複数メーカーを見積りできるサイトもあるので、それらを上手に利用しましょう!

無料一括見積もりサイト 【家庭用・産業用】対応

★家庭用や産業用にも対応!無料で複数メーカーを一括見積り!★



(一戸建て住宅・マンション・アパート・個人事業者・法人・産業用など対応)
タイナビ 見積りの流れ


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電について 産業用太陽光発電